人気ブログランキング |

食いしん坊松本が情熱をかけ、食を通じて人に癒され、そして胃袋を満たす物語。
by kurosakaba
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<   2004年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
第二十三話  山王林道をゆく
c0082024_17344360.jpg
毎年この季節になると、紅葉を見に旅をすることにしている、去年は奥鬼怒
川へ行きあれから一年、早いものである。
奥鬼怒川にすっかり魅せられた私は今年も奥鬼怒川に決めた、さっそく紅葉
の達人たちに聞き込みをすると、日光戦場ヶ原から奥鬼怒川に抜ける山王林
道という噂の林道があると聞く、少々タフな日帰り旅行になりそうだが楽し
みである。

私は極度の渋滞恐怖症である、この季節日光は大渋滞が予想され、深夜から
出発したほうが無難である。夜が明け前にいろは坂に着いたはよいが真っ暗
闇で、紅葉もへったくれもない。天気が良く満天の星空を見ることが出来る
のが救いであろう、山の上で空気が澄んでいるせいかまるでプラネタリュウ
ムのようだ。

夜が明けるまで星でも眺めて時間を潰そうと、東京で見ることがない流れ星
を見つけては楽しんでいた、そこへゆっくりと進む星が見える明らかに流れ
星ではなさそうだ、その星はゆっくりといろいろな方向に進み最後は流れ星
のように消えた。UFOディレクター矢追さんをバカにしていた私は少し考え
なおさなければいけないようである。

夜明けとともに戦場ヶ原を抜けうわさの林道へと入った。
そこには想像以上の景色が広がっていた、赤や黄色に彩られた山々が紫色の
光を浴び何とも言えぬコントラストをかもしだす。疲れも時間も忘れさせる
最高の景色である、恐るべき山王林道。

奥鬼怒川に着いたらやはり温泉である、早起きのせめてのご褒美によい温泉
を選びたい、川が流れ紅葉する山がみえる広い露天風呂それがそろえば混浴
の方が望ましい。そんな贅沢をかなえてくれる温泉を見つけた私はまだ誰も
いない温泉を占領した。

気分は最高、まさに極楽!山猿も出没するアトラクション付である。しかし
のんびりしていた私に不運が襲う、どこからきたのか、人が次々とやってく
るそのほとんどはカップルである、しまった!すっかり興奮していた私はタ
オルも持っていない、躊躇している私はタオルに身を包む男女に完全包囲さ
れた。前を手で隠しそそくさと出て行くのも意地が許さぬ、強行突破を決意
し私は粗末な裸体を多くの人に晒すことを余儀なくされた。
by kurosakaba | 2004-10-25 00:00 | ストーリー
台風
どうやら台風23号は今夜あたりから関東に接近
しそうである。
不謹慎にも台風と聞くとワクワクしてしまうのは
私だけだろうか、私などは今月はじめの台風の時
どれだけ濡れても良いように大雨の中、短パンと
ビーチサンダル姿で外へ飲みに行く始末である。

そこで本日、台風にも関わらずご来店して下さる
お客様にはその勇気と魂に感謝してメニューの中
からお好きな焼酎を一杯サービスさせて頂きます。
注文する際に「メールを見たと」一言お申し付け
ください。(入荷待ちの商品2,3あり)

本日阿久根港より入荷した地魚の写真を添付させ
て頂きます。また少しですが白レバあり。
台風に負けないよかダレヤメをご提供できるよう
スタッフ一同お待ちしております。
by kurosakaba | 2004-10-20 14:48 | ニュース
あったか鍋
今年は例年より雨が降り台風などの影響もあり
野菜の収穫がよくないと聞く。
そんな中元気が良いのはキノコ類である。そこ
で今年はそのキノコ達の元気にあやかり、薩摩
では長野産の新そば粉を使った団子と宮崎地鶏
とキノコ達を使った、ダゴ鍋をご提供させて頂
きます。その他、地鶏の水炊き鍋やきびなごの
ツミレ鍋もご用意しております。

また台風の為しけにも関わらず、阿久根港より
幻の魚クエやきびなごを入荷。命をかえりみず
荒れた海へと漁に出る漁師さんに心から感謝し
たい。
by kurosakaba | 2004-10-19 14:49 | ニュース
厚岸のカキ入荷
本日、厚岸より中島氏が造るカキが入荷した。
六ヶ月ぶりとなるそのカキとの再会に私はすっかり
舞い上がり仕込が手につかない。

さっそくスタッフが急がしそうに働く姿をよそに
試食を試みた、今年は猛暑の為放卵が早くまた海底に
たまった豊富なプランクトンが台風によりかき混ざり
カキの身の太りが早いようだ。

コソコソとカキを剥く私の顔は緩み、涎が止まらない
やっと姿を出したカキは小ぶりだがぷっくりとミルクが
詰っていて、何とも愛おしい、たまらず口の中に入れると
海の香りが口の中に広がり、中島氏の情熱と恵まれた環境
で育まれた贅沢な旨みが弾け出す。思わず旨い!と叫んで
しまった私はみんなのカキを剥くはめになった。

本日より常時厚岸の中島氏が造るカキをご用意しております
ご来店お待ちしております。
by kurosakaba | 2004-10-04 14:51 | ニュース